リュネビル刺繍台

知り合いの大工さんと少し前から打ち合わせをしていた刺繍台

今までは見よう見まねで自作した重たくてがたつく刺繍台を使っていましたが

Lessonを始めるこの機会に職人に作ってもらおうと

 

何度も打ち合わせを行い

ようやく昨日試作品が完成。

私の地元の近くの多度町で作ってもらいました。

 

出来るだけシンプル。

出来るだけ軽く。

出来るだけ低価格に。

 

私がお願いしたのはこの三つ。

ほぼほぼ修正なしの試作品になっていました。

 

後は木の素材と色と値段を考えた完成品をつくります。

やっぱりプロはちがう。

忙しい中こまかい私の注文を聞いてもらいました。

ありがたい。

出来るだけシンプル。

出来るだけ軽く。

出来るだけ低価格に。



こうお願いしたのにも



リュネビル刺繍を始める際にすこしでもちゃんとした体制で始めて頂きたい。

安く手にしてほしい。



そんな気持ちがあります。

ただでさえ刺繍を始めて最初のころは難しさのあまり

肩がこったり、腕がつったり しがちです。

私もそうでした。

だからすこしでも和らげるための体に合った刺繍台は必要かなと。

探してもなかなか見つからない刺繍台。

気軽な価格で手に取って頂きたいなという気持ちです。


Lessonではこの刺繍台を使います。

ご購入いただけるよう調整中です。



L'aiguille