試作のあれこれ

Lessonの試作。

黒のパーツをふんだんに使います。

 

黒糸をこのように用意しても

それでも全然足らない。

 

白黒の糸はたくさん持っていても損はないですね。

 

 

以前

Parisの図書館で見た浮世絵とオートクチュールのコラボ。

 

素敵すぎて目が真ん丸になりました。

自分でもやってみたい!!!!

 

そう思って早数年。

ちょうど一年前にパーツもそろえていたのに

肝心な土台となる生地が見つからず。。

 

 

探して探してようやく見つかりました。

 

大きさ

生地感

 

 

パーフェクト。

 

生地業者様にも使用の了解を取ることができ

いざ。

 

 

どのように刺そうか考え中。

 

 

●生徒の皆様●

4月スケジュールは3/6更新します。

新しいパスワードに3月より変わりますのでお気を付けください。

 

 

職人技

ずっとほしかった

 

SIRISIRIのバングル。

名古屋では取り扱いがなく諦めていて

 

東京に行った際に時間が少しあったので

地図とにらめっこしながら麻布にあるSIRISIRIのSHOPへ

 

本当はもう一個ほしいのがあったけれど

うーんとなやんで

我慢。

 

 

これは

キリコ職人が一つ一つ作っているガラスのバングル。

 

いろいろな角度から見ると

とてもきれいに輝きます。

 

いくつになっても大切にできるような

そんなものつくりをしていきたい。

 

このバングルを見るために

思います。

 

頑張らないと。

 

 

最近よく思う。

 

「これも人生。」

 

いい意味でも

悪い意味でも

 

大切な友達とおそろいの

ポーチ。

 

ちょっとしたお守り的な。

 

刺繍談義

会いたかった人に会える前のどきどき。

ひさしぶり。

 

刺繍作家のRIKAOGASAWARAさんと東京でお話させて頂きました。

 

連れて行っていただいたのは

お花屋さんがプロデュースするCAFE。

 

店内がまるで天国のような素敵さ。

 

RIKAさんの作品は

いろいろなパーツを使い

色や形が独創的でとても素敵でした。

 

クロシェの回し方。

作品に対する考え方。

 

あっという間の素敵な時間。

いろいろ考えさせられることもありました。

 

なによりも

刺繍が大好き。

 

帰り道。

 

 

「海や新幹線の中やカフェで クロシェを使えるような そんな道具があればいいね。」

 

そんな話をしました。

どうしても両手を使う刺繍は

台が必要で

どこでもというわけにはいかないのが現状。

 

なにかないかなー

小さくってさっと出せて

ちくちく。

 

そんなことができたら

待ちぼうけをする時間も楽しめる。。。

 

また会ってお話したい素敵な方でした。

 

刺繍談義の感動冷めやらぬ中

 

表参道から広尾まで

のんびり歩きました。

 

話したことなどを

頭の中の自分の引き出しにいっこいっこしまいながら

 

知り合いから

行ったほうがいいと進められていた

「GEM by moto」

 

日本酒にとても詳しい店長さんがいろいろ教えてくれました。

秋鹿の酒母と炭酸・山椒のカクテルはこってり揚げ物に

SENKINとGEMのコラボの御酒は

バルサミコ酢の役割でタルタルに

 

おいしいお酒は酒蔵が頑張って作ってくれますが

それをどう提供するか。

 

勉強になりました^^

 

 

なんか

今回の東京

おもしろかったな。

victoria-darolti 日本Lessonのお知らせ

私がパリでLessonを受けた一人のvictoria-darolti(ヴィクトリア ダロルティが来日し
Lessonをすることになりました。
期間限定で東京と大阪で開講するようです。
わたしも以前このうち2科目受講しました^^
パリでしか受講できない講座を日本で受講できる素敵な機会です。
よかったらぜひ^^
わたしも受講したいなと
おもっていますが。。。
時間的にいけるかな。
オートクチュール刺繍 - victoria-darolti-broderie-japo ページ!

 

0 コメント

手作りの楽しさ

 

生徒さんが

教室で購入したパーツを使ってアクセサリーを作ってくださいました^^

 

この白いパーツがSHOPで販売しているものですが

前々回のパリでこの黒色を自分用に買い

前回のパリでさらに白色を買ってきました。

 

ありそうでないような形がインパクトがあって

一粒で様になると思っています。

 

 

 

スパンコールやビーズはもちろん

それ以外にも面白いパーツを販売します。

 

全体的に量はありませんが

おもちゃ箱を覗きに来る感じで

フラッっと寄っていただけるような

そんなSHOPにしたいと思っています。

 

 

今は生徒さん限定ですが

4月には!!!!

OPEN日を更新したいと思います。

 

DMCの糸も25番糸全色と

サテン糸ラメ糸も全色揃っています。

 

他より少しだけお値打ちに販売します。

 

 

 

このDMCの糸。

 

グラデーションに並び替えています。

色の順番を考えるのが

とってもとっても大変でした。

 

DMCの担当者様の手助けもあり

無事納品。

 

見ているだけでうっとり。

 

 

急がば回れ

やってしまいました。

Lesson30分前に

教室の看板のゆがみを直そうと

スリッパのまま外に出たら

 

ガチャン

 

 

無意識にロックをかけてしまいました。

 

 

スリッパ

携帯電話なし

財布なし

コートなし

 

。。。。

 

 

あと20分でLesson。

午後もレッスン。

午後は関西からくる生徒さんもいらっしゃる。

まずい。

とんでもなくまずい。

 

 

無論

5秒後に

スリッパのまま

自宅にダッシュ。

 

自宅に保存していたの鍵

そもそも合い鍵かどうかも不明なまま

鍵を一本握りしめまた戻る。

電話がないのは困るため。

勝手に旦那さんの携帯をピックアップ。

 

 

開かなかったら

本当にまずいな。。

 

不安の中

開けたら

 

 

開かない。。。。。

 

管理会社はお休み

代行管理会社はは鍵業者さんを呼べば半日で来るとのこと。

 

 

間に合わんじゃないか!

 

 

昔からそうだった

ぽいぽいものをいろんなところに置く癖も

インロックも何回もやった。

携帯電話や財布なんて何度なくしてきたか

聞いた暗証番号も二秒前にすぐ忘れる。

 

 

 

もぉおおぉ!!!

 

 

久々に

自分に切れた。

遠吠え並みの声だったかもしれない。

 

この時点でレッスン10分前。

 

・・・・・・

 

 

どうなったか

教室で聞いてください。

どうにかなりました。

 

人間

いざとなった時のひらめきが素敵。

 

 

 

飲んでいる場合ではないのだけれど

素敵な作家さんの展示が栄で明日までと聞いて

 

栄へ

     

栄はなかなかいかないので

いったら必ず寄ってしまう 

ワインショップと少し飲めるヴァンファーレ

 

 

ワインを少量で飲ませてくれる素敵なお店です。

無知すぎる私にいろいろ教えてくれます。

 

 

でもね

ごめんなさい。

10秒後にほぼ記憶から消えています。

 

 

今日も

おいしい!っといったら

こないだも飲んでましたね。と

 

そんなもんです。

 

隣のお客様が

シャンパンのコルク?で

面白い形を作っていて

写真を撮らせてくれました。

 

かわいい。

 

かごにあう刺繍

Level7で使いたいと思っている

かご

 

いろいろ探していましたが

素敵なかごちゃんに出会いました。

 

在庫に限りがありそうですが。。

 

 

すこしづつ

また  かごに合わせて刺繍を直しています。

 

結局また刺しなおし。

 

難産になりそうな作品。

でも素敵に出来上がりそうです^^

 

 

 

1DayLesson

 

 

1DayLesson  BARA.

2.5~3時間 受講料・材料費・消費税込 ¥7,000

 

当教室の1DayLesson「BARA.」はすべてクロシェと呼ばれるかぎ針を使って仕上げます。

クロシェを使ったリュネビル刺繍についてどういうものか知って頂くということを目的にしております。

技術的には高度になりますが

リュネビル刺繍の醍醐味でもある「ビーズをクロシェを使って付ける」という技術も含まれますが

講師と一緒に仕上げますのでご安心ください。

あくまでも体験を目的としておりますので

体験して頂き、技術の習得をしていきたいと思われた方は

通常Lessonへお進み頂くことをお勧めします。

 

 

●1DayLessonお申し込み方法●

 

⦁日程をご相談の上お取り致します。→仮予約

⦁仮予約後7日以内に下記銀行口座へ受講料のお振込みとお名前・お電話番号のご連絡をお願いします。

 

お振込み金額¥7,000 (材料費・受講費・消費税込) 

※お振込み手数料のご負担をお願い致します。 

 

⦁ご入金後本予約となります。 

 

お問い合わせはこちらまで→Contact

 

0 コメント

新しい刺繍枠

サンプルの段階で

作り直しをお願いしていた刺繍枠ができました。

 

うん。

 

100%満足。

 

大きさは下の写真一番後ろにある白い刺繍枠と同サイズ。

白い刺繍枠はParisの刺繍学校Lesageのもの。

 

素材は

現教室用の刺繍枠。

 

まずは大きさが違います。

 

教室用は

できるだけコンパクトにと考えて

ぎりぎりのサイズに作りました。

 

今回の枠は

横が20㎝伸びて100㎝

縦は同じ60㎝

 

ですが

60㎝以上に長い布を刺繍する場合

巻きつけることで長いサイズを刺繍できます。

 

その巻きつける作業の際に

刺繍枠の木のエッジが生地を傷つけるので

 

エッジをできる限り削りました。

 

今から制作にかかりますので

出来上がったら販売のご連絡します。

 

本日

私と主人が本厄ということで

心配した私の両親が

 

やくばらい?をかねて

豆を(まく側)の参加をしていました。

 

 

へんな

裃きて

 

はずかしい。。。

 

 

帰りたいと思いましたが

 

 

 

意外と。

たのしい!

 

 

お陰でやくがとれた!(気がする・・・・とれたと思いたい。。。。)

刺繍の可能性

まずは基本を勉強して

そのあとにアレンジで自分らしい刺繍を考えてみましょう。

 

ただ

お花や葉っぱ、動物などを刺繍するだけではなく

たまには

ちょっとちがった刺繍に挑戦。

 

 

失敗もするけれど

うまくいけばオリジナルの素晴らしい作品になりそうです。

 

 

東急ハンズの工具売り場は

私の遊園地。

 

日曜大工のときはもちろん。

 

今回は刺繍の素材探し。

 

じーっとパーツを見て考える。

 

こんなテクニックで

あんな色で刺してみようかな。

そんなことを考えていたらなんと一時間

この棚の前で考えていました。

 

面白いアイデアあればご相談くださいね。

刺してみましょう!

失敗覚悟で。

 

 

明日は節分ですね。

夫婦そろって厄年なのを心配した実家の両親が

豆まきの予約をしてくれました。

 

裃をはいて

神社で豆をまく予定。

 

 

 

 

はずかしい。

 

 

※3月スケジュールは

2/6更新予定